湖畔の杜ビール

日本人が愛してきた食と、
日本人が独自に培ってきた
ビール文化とともに

日本人は明治の頃から、ずっとビールを愛してきた。
ずっとピルスナーというビールを愛し、そして飲み分けてきた。
そんな民族は他にいるだろうか。
そんな日本人が培ってきたビール文化を心に据えて、
日本人が愛するビールを造らなければと「湖畔の杜ビール」は考えます。
体にしみ込んでいくような味わい、それが「湖畔の杜ビール」の身上です。

0473a

料理を引き立て、料理によって
新しい世界が広がる魅惑のビール

0266

お料理の「素材の元気さや滋味深さを活かす味わい」
湖畔の杜ビールが、ビール作りで念頭に入れている事。
全ては自然の恵みに感謝して。

秋田県田沢湖は大自然の中にあります。自然の恵み溢れる湖畔から、地元の原料を取り入れたビールをはじめとして、慈しみ醸された味わいの数々をお届けいたします。湖を吹き抜ける一陣の風のような爽やかな味わいをお愉しみ下さい。

こだわりと造り

0114

当社では麦汁のつくりにこだわっております。
まずビールの原料、麦芽を口に入れ、甘さを確認する。
データだけに頼らない醸造士としてのこだわりです。ビール酵母が安心して醗酵できる環境を造るという事は、まずは原料を極めること。そしてその原料を使って仕上げられる麦汁の質を最高に高めること。醸造士はまずはここに真剣に向き合います。

めずらしい三釜式

0059

右の写真は湖畔の杜ビールに欠かせないオリジナルの釜です。
2釜式が通常の中、湖畔の杜ビールの仕込み釜は3基。奥から煮沸釜、中がろ過釜、そして一番手前が看板ビールの「あきたこまちラガー」を造るのに欠かせないライスクラッカー。この釜はお米を糖化させる機能の他、味わいの微調整に欠かせない釜となっています。言わば湖畔の杜ビールらしさを表現する心臓部と言ってよいでしょう。あらゆるところで拘る、それが湖畔の杜ビールの美味しさに繋がっているのです。

優れた品質管理

0418

醸造士によって神経を研ぎ澄まして作られた麦汁は、発酵タンクに入りここでビール酵母と出会います。ビール酵母がおとなしい時は元気付け、活発すぎる時は少しいさめ、常に酵母の声に耳を傾け、そしてその命を尊重してビールを仕上げていきます。
じっくりと熟成し、仕上がったビールはこのタンクの中で酒出しを待ちます。酒出しを待つタンクの中は、劣化の原因である酵素を排除しております。湖畔の杜ビールは、出来たての最高の美味しさをキープする為に完成してからも徹底して品質を守り、新鮮なまま皆様にお届けしています。

私達の手造りビール

地ビール醸造が解禁になり大手ビールメーカーとは違うつくり方をした種類のビールが飲めるようになりました。大手メーカーが100年近くもの間つくり続け、日本人がビールだと思ってきたのはチェコ生まれのピルスナー種。低温で活性化する酵母を使い、淡黄色のボディと白い泡立ちが特徴的なラガービールです。 これに対し多く地ビールメーカーが取り組んだのは、伝統的製法によるエールタイプのビールづくりでした。常温で活性化する酵母を使い短期間で仕上がるエールは、品質の安定性に欠けるものの蔵出しですぐ飲む限りは問題ありませんでしたし、失敗が少ないビールとしても歓迎されました。 また様々なバリェーションで新しいビールの楽しみ方を提案した功績は大きいと思います。

各地のブルワリーから、様々なビールづくりが試行され技術力の向上で素晴らしい味わいのビールも生まれるようになりました。国際的な品評会でも日本の地ビールが注目を浴びています。しかし地ビールに対する世間の評価はいつの間にか「まずいのが個性のビール」になっていました。なぜか?

私たちのビールづくりは「地ビールはエールから入ったこと事体に無理があったのではないか?」という疑問からスタートしました。これぞ本場の製法と喧伝したところで最初の一杯止まりではないのか、本当にビールとして定着してきたピルスナーの歴史そのものを否定して良いのだろうか、そして日本人の心に響くビールって何だろう?と求め続けていった結論は、日本に生まれ秋田で育った自分の味覚を信じることでした。 私たちのビールは外国人醸造技師の手を借りることなく日本人の感性のみで造り上げたビールです。納得できるビールを提供するために、吟味に吟味を重ね最高の醸造環境を手に入れたと自負しています。自分たちの舌で納得した品質のビールしか蔵出ししていません。 私が原料の吟味からグラスへ注ぐまでの全てを見守ってきた出来立てのフレッシュビールです。だから素材の持ち味を引き立てるORAE料理にピッタリな、ビールとしてお勧めすることができます。田沢湖を吹き抜ける山の清風と共に爽やかさをお楽しみください。

田沢湖湖畔の杜ビール醸造責任者 関口久美子

受賞歴

檜山茶と麦 静寂第43回(2016)秋季全国酒類コンクール第一位
味わい天空第42回(2016)春季全国酒類コンクール
第34回(2012)春季全国酒類コンクール
第一位 特賞
第一位
天空物語第41回(2015)春季全国酒類コンクール第一位
妖精たちのおまじない ベリーラガー第41回(2015)秋季全国酒類コンクール第二位
紅こまち第40回(2015)春季全国酒類コンクール
第36回(2013)春季全国酒類コンクール
第三位
横手大沢葡萄ラガー第39回(2014)秋季全国酒類コンクール第一位 特賞
月守りの醸し第39回(2014)秋季全国酒類コンクール第二位
秋田美人肌ビール第38回(2014)春季全国酒類コンクール第三位
新月からの物語 悠久第37回(2013)春季全国酒類コンクール第一位
風そよぐピルス第35回(2012)秋季全国酒類コンクール第一位
ボツメキビール第33回(2011)秋季全国酒類コンクール第三位
オンザロックビール第32回(2011)春季全国酒類コンクール第二位(一般公開テイスト)
第三位(審査会)
ブラウンの風第31回(2010)秋季全国酒類コンクール第三位
白神山水ビール第30回(2010)春季全国酒類コンクール入賞
天涯 てんや第29回(2009)秋季全国酒類コンクール上海総合第一位
Hot & Coolビール第28回(2009)春季全国酒類コンクール
第32回(2011)春季全国酒類コンクール
審査員特別賞第一位
特別優秀賞
湖畔の杜ビール ピルスナー第25回(2007)秋季全国酒類コンクール
第26回(2008)春季全国酒類コンクール
入賞
入賞
湖畔の杜ビール デュンケル第23回(2006)秋季全国酒類コンクール
第24回(2007)春季全国酒類コンクール
入賞
入賞
あきたこまちラガー第22回(2006)春季全国酒類コンクール
第27回(2008)秋季全国酒類コンクール
入賞
入賞

湖畔の杜BEERオンラインショップ

湖畔の杜ビールを、オンラインショップでお買い求めいただけます!
お買い上げ合計金額が15,000円(税別)以上の方には全国送料無料(一部離島を除く)となっております。
湖畔の杜BEERオンラインショップ」では、ユーザー登録していただきますと初回200ポイントを差し上げております。さらにお買い物金額1,000円毎に30ポイントが加算されます。このポイントは1ポイント1円として計算され、次回以降のご利用いただけます。