湖畔の杜レストラン ORAE

ビールについて

私達の手造りビール仕込み風景

私達の手造りビール

 

地ビール醸造が解禁になり大手ビールメーカーとは違うつくり方をした種類のビールが飲めるようになりました。大手メーカーが100年近くもの間つくり続け、日本人がビールだと思ってきたのはチェコ生まれのピルスナー種。低温で活性化する酵母を使い、淡黄色のボディと白い泡立ちが特徴的なラガービールです。 これに対し多く地ビールメーカーが取り組んだのは、伝統的製法によるエールタイプのビールづくりでした。常温で活性化する酵母を使い短期間で仕上がるエールは、品質の安定性に欠けるものの蔵出しですぐ飲む限りは問題ありませんでしたし、失敗が少ないビールとしても歓迎されました。 また様々なバリェーションで新しいビールの楽しみ方を提案した功績は大きいと思います。

 

各地のブルワリーから、様々なビールづくりが試行され技術力の向上で素晴らしい味わいのビールも生まれるようになりました。国際的な品評会でも日本の地ビールが注目を浴びています。しかし地ビールに対する世間の評価はいつの間にか「まずいのが個性のビール」になっていました。なぜか?

 

私たちのビールづくりは「地ビールはエールから入ったこと事体に無理があったのではないか?」という疑問からスタートしました。これぞ本場の製法と喧伝したところで最初の一杯止まりではないのか、本当にビールとして定着してきたピルスナーの歴史そのものを否定して良いのだろうか、そして日本人の心に響くビールって何だろう?と求め続けていった結論は、日本に生まれ秋田で育った自分の味覚を信じることでした。 私たちのビールは外国人醸造技師の手を借りることなく日本人の感性のみで造り上げたビールです。納得できるビールを提供するために、吟味に吟味を重ね最高の醸造環境を手に入れたと自負しています。自分たちの舌で納得した品質のビールしか蔵出ししていません。 私が原料の吟味からグラスへ注ぐまでの全てを見守ってきた出来立てのフレッシュビールです。だから素材の持ち味を引き立てるORAE料理にピッタリな、ビールとしてお勧めすることができます。田沢湖を吹き抜ける山の清風と共に爽やかさをお楽しみください。
田沢湖湖畔の杜ビール醸造責任者 関口久美子

 

"));